こんにちは!今回はSwitchBot 温湿度計のレビューです。最近はエキゾチックアニマルを飼育したり、ちょっと凝った植物を育てている人も増えているので、この手の商品を欲しかった人も多いのではないでしょうか?









4c77b16d-e618-410f-a45c-f2f1e0b24988


具体的にはどんな商品なの?という人も多いと思うので説明。この商品は基本的には温度と湿度を見るための温湿度計です。ただ、ただ表示するだけでなく、スマホとBluetoothでつないで遠隔で状態を表示、ログの保存をすることができたり、別売りのハブとつなぐことで温度上昇によるアラームを鳴らしたり、他のSwitchBot関連商品と合わせて温度でその他の商品を制御することも可能です。


説明書。とても簡素でわかりやすいのはいいんだけど、専用アプリのURLのQRコードすら載せてないのは今どき悪い意味で珍しい。


a1cc0d0c-113d-4b92-9fc0-bfffa477e944


本体に電池をセットするとこんな感じになります。撮影したのは夜だったのに暑いです・・・


f2ed7e36-d6ad-4039-88f7-a30d5b0b37f5


裏面はこんな感じです。スイッチはスマホと接続する場合に使います。


9b50efbb-1786-4965-a51d-16a3142534c6


とまぁこんな感じです。一応このままでも使えますが、流石にこれだけのために買うとしたらこの商品はコスパが悪すぎます。しっかりスマホに接続しましょう。Googleplay、もしくはAppleStoreでSwitch Botで検索すれば出てきます。ダウンロード後はアカウントを作成しましょう。不安な方は捨て垢と捨てパスワードで。


1a9b7b66-10d8-4722-8588-18dd66b85808


ログインしたらデバイスを追加の項目から温湿度計を選び接続しましょう。


5a4187f3-f780-41d1-b19b-4353d4efa97d


2171130e-085c-43c4-8419-709d02568fe9


繋げるとこんな感じで表示されます。


16a7f9d3-24d3-4d9d-8865-1c04ba698828


総評

これ自体では一部の生物の飼育、栽培にしか使えないややニッチな商品ですが、Hubを使って他の製品と連動させることで、それこそ無限大に活用が可能になります。サーモスタットにもなりますし、Alexaを始めとするスマートスピーカーとも連動できるのもポイント高いですね。私はとりあえず温室の管理に使っていますが、今後は増設して色々と活用できないかな、と画策しております。