こんにちは!今回はクラウド管理ソフトの「AnyTrans for Cloud」の紹介をします。


ソフトの概要は↓をクリック


5ba04f602f6068b067723ce6a3bb1787







「AnyTrans for Cloud」とは?



atchome1

昨今では誰でも使ってるクラウド。Dropbox、Google ドライブ、iCloud Drive、OneDriveなどなど種類が結構多く、複数扱うと結構しんどいんですよね。

かといって仕事とプライベート用で分けたり、用途で分けたりする必要もある訳で、これらの管理が必須なのも間違いありません。一応外部ソフトなしでも使い分ける事はありませんが、Anytransを使えばこの辺のごちゃごちゃした所を一度に解決する事ができます。

一度ログインすればまとめてログイン可能!

複数のクラウドを取扱う際に面倒なのがログイン。いちいちIDパスワードを入力して、必要があれば端末を取り出して・・・みたいなのが本当に面倒なんですよね。

AnyTransを介せばその手の心配は必要ありません。Anytransへのログインのみで一括ログインが可能です。クラウドを使う手間を省くという意味ではかなりありがたいと言わざるを得ません。


クラウド間のデータ移動も可能!

例えばGoogle ドライブからDropboxへデータを移動したい場合、通常でしたらGoogle ドライブからローカル端末にダウンロードし、それをDropboxにアップロードするという手間がありますが、Anytransを介することで、Google DriveからDropboxへ直接データを転送する事ができます。大容量のファイルを転送したい場合は、スケジュールを設定すれば、自動的に転送することも可能です。


1アカウントで複数デバイスに対応


atchome2


AnyTransで複数対応できるのはCloudのアカウントだけではありません。デバイスの方も可能です。複数のクラウドを複数のデバイスで、それもクラウドだからもちろん場所を選ばずにPCから操作ができます。

これは使ってみるとわかりますがめちゃくちゃ便利です。いちいち端末を一箇所に集めておく必要はありませんし、面倒なアカウント切り替えも必要ありません。


操作が楽で安全性も高い


atchome4


海外のソフトなんでややハードルが高めに見えますが、HP、ソフト共に日本語に対応しているので、はじめての人でも簡単に取り扱えると思います。ユーザーインターフェースもフォルダごとに扱う感じなので、PCを普段から使うような人であれば直感的に使えると思います。

また海外製品なので安全性に不安を持つ方もいると思いますが、ログインには外部ツールであるGoogleの二段階認証を利用しているので、その辺も安心して大丈夫だと思います。


総評

これがないとできない!という事はありませんが、これがあると一気に便利になるのは間違いありません。Cloudがノンストレスで使えるなら・・・!という人も多いんじゃないでしょうか?

私もその一人です。スマホやタブレットからクラウドを通じてPCにガンガンファイルを保存する、なんて使い方もできます。有料ソフトですので、その辺は注意が必要ですが、使った感じ問題ないので気になる方はぜひHPをチェックしてみてください。


詳しくは↓をクリック。

5ba04f602f6068b067723ce6a3bb1787