編集元:"http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1478439970/"

1: 海江田三郎 ★
http://iphone-mania.jp/news-143433/

Microsoftの元最高経営責任者(CEO)スティーブ・バルマー氏が、同社のハードウェア事業への参入が「遅すぎた」と語っています。

もっと早く参入すべきだった
バルマー氏はBloombergのインタビューで、それまでソフトウェア一辺倒だったMicrosoftにおいてハードウェア事業参入を推進したために、長年の友人で共同創業者であるビル・ゲイツ氏との関係が悪くなった、と明かしました。

しかし最大の後悔は「もっと早くモバイル端末市場に参入しなかったこと」と語っています。バルマー氏は2000年から2014年までの14年間という長きに渡り、MicrosoftのCEOを務めました。現在は米プロバスケットボール協会(NBA)Los Angeles Clippersのオーナーであるバルマー氏は、ゲイツ氏とたもとを分かち、Microsoftを去った理由のひとつは、MSが独自の携帯電話とタブレットを作るべきと主張するバルマー氏と、それに反対するゲイツ氏および他の役員とで意見が分かれたため、と述べています。

ハードウェア事業で対立
バルマー氏とゲイツ氏は、良きにつけ悪しきにつけ、兄弟のような関係にあった、とバルマー氏。しかし会社の戦略面において、意見の相違があったといいます。

「ハードウェア事業がどれだけ重要かという点で、根本的に意見が食い違っていた。私はSurfaceを推していた。役員会はそれを支援することに、あまり積極的ではなかった。そして携帯電話事業をどうするかで、意見の齟齬が頂点に達してしまった」

Microsoftは2012年にタブレット「Surface RT」を発売しましたが売れ行きは芳しくなく、在庫処分のために9億ドルを費やしました。しかしその後再編成されたSurface事業は、売り上げ40億ドル以上を計上しています。

iPhoneのビジネスモデルは革新的
バルマー氏は最大のミスは、携帯電話とタブレット市場への参入が遅すぎたことだ、と語っています。 そしてAppleがiPhoneを初めて世に出した時に「高すぎて売れるわけがない」と発言したことについて問われると、Appleのビジネスモデルがわかっていれば、とバルマー氏。「600ドルや700ドルもするiPhoneは絶対に売れないといった、私の発言がよく引き合いに出される。携帯電話の代金を毎月の携帯電話代に分割して組み込むというのは、Appleが生み出した革新的なビジネスモデルだった」と述べています。







2: 名刺は切らしておりまして
いやスマホ市場へは俺の記憶ではwindowsのほうが早かったよ・・

6: 名刺は切らしておりまして
>>2
ああ・・スマホじゃなくて携帯参入の事だ

14: 名刺は切らしておりまして
>>2
だよな? 俺の記憶でもそうだよw

90: 名刺は切らしておりまして
>>2
10年前シャープのW-ZERO3持ってたよ。
その頃はアップストアなんて仕組みは無かった(今もない?)
携帯でウィンドウズが動くってだけで大満足だった。

3: 名刺は切らしておりまして
後出しジャンケンで負けるとか

どんだけー^^

4: 名刺は切らしておりまして
Windows CEとは何だったのか

81: 名刺は切らしておりまして
>>4
CE今でも使われてるぞ。店舗や倉庫の端末とか。

8: 名刺は切らしておりまして
IntelとMSはPC&インターネット時代の勝者だった故に立ち回りが遅れたね

9: 名刺は切らしておりまして
マイクロソフトってキーボードとかマウスを作ってればいいと思う。

10: 名刺は切らしておりまして
タッチパネルに負けたんだよ
当時はそんなことができるなんて誰も思いもしなかった

11: 名刺は切らしておりまして
使えてるのに一方的にサポート打ち切って買い替え迫るマイクロソフトは要らんのだよ

18: 名刺は切らしておりまして
>>11
10年超えてサポートしてくれるOSなんてApple、Googleは当然として、Linuxでもほぼ存在しないが。

86: 名刺は切らしておりまして
>>18
だから
MSにサポートを求めてるんじゃん
それだけユーザーに支持されているんだよ

12: 名刺は切らしておりまして
exeが動かない偽windowsが売れるわけないだろw
早く出しても同じだバカ

13: 名刺は切らしておりまして
ハードの話か

15: 名刺は切らしておりまして
分割払いが革新的なビジネスモデルなの…?

16: 名刺は切らしておりまして
でもインターフェース画面はWindowsフォンが一番好きなんだよなー。
あえて買ってみるかな。

20: 名刺は切らしておりまして
iPhoneが突然変異だっただけで
WindowsCEやWindowsMobileは良かったと思うぞ
少なくともZaurusを食う程度には

200: 名刺は切らしておりまして
>>20
mobileの方はともかくceの方は基本的な作りが酷すぎる
国内にも開発者はたくさんいたが散々な評判だった
守秘義務の契約があるからなかなか表には出てこないが
NECとかSharpとかセガとか

21: 名刺は切らしておりまして
>携帯電話の代金を毎月の携帯電話代に分割して組み込むというのは、Appleが生み出した革新的なビジネスモデルだった

え?え?え?え?え?え?

22: 名刺は切らしておりまして
「600ドルや700ドルもするiPhoneは絶対に売れないといった、私の発言がよく引き合いに出される。
携帯電話の代金を毎月の携帯電話代に分割して組み込むというのは、Appleが生み出した革新的なビジネスモデルだった」



おそらくiphoneが売れた最大の理由であり、唯一の理由といってもいい

一括6万だったら絶対売れてない

252: 名刺は切らしておりまして
>>22
アップルの前に日本が既にガラケーでやってたじゃん

25: 名刺は切らしておりまして
>同社のハードウェア事業への参入が「遅すぎた」
そんなこたいいから、インテリマウス・オプティカルを再販しろや、
\5,000以上でも買うから。
左手でも使える、左右対称でサイドボタンが大きいマウスは他に無い!
困ってる人は多いと思う。

26: 名刺は切らしておりまして
画期的だったのは分割金より
デザインとAppやiTunesのエコシステムじゃないの

201: 名刺は切らしておりまして
>>26
いちばん重要なのはiOSのエコシステムだよ
Appleが散々悩まされたソフトウェアの不安定さをDarwinが解決した

27: 名刺は切らしておりまして
>携帯電話の代金を毎月の携帯電話代に分割して組み込む
やっぱりそうなのか

28: 名刺は切らしておりまして
DOSにGUIを貼りつけるちう仰天技で市場かっさらったけど、ま、それで金儲けしたんだからね。欲の皮突っ張らかすのもほどほどにしないと。

29: 名刺は切らしておりまして
クラウド市場もだろ。
ナデラに代わるのがもっと遅かったら完全に会社ごと終わってたな。

30: 名刺は切らしておりまして
Androidのが売れてんのになんでiPhone?

47: 名刺は切らしておりまして
>>30
利益は圧倒的にiPhoneのほうが稼いでるから

31: 名刺は切らしておりまして
コピペすらできないiPhoneが成功したのも結局は運だよ
ジョブズが生きていたとしてもAppleの現状は微妙だったかもしれないし

32: 名刺は切らしておりまして
OS見るとそれ以前だよ
あくまでインフラ屋で、サービスってもんが苦手
ドコモと似てる

33: 名刺は切らしておりまして
ゲイツは当初、インターネットにも否定的だったよな。
後出しジャンケンばっかりでここまで大きくなったんだから大したもんだな、MS

39: 名刺は切らしておりまして
マイクロソフトはMS-Androidを出せばいい