こんにちは!Aukeyさんから試供品が届いたのでレビューしたいと思います!

今回はモバイルバッテリーです!今やスマホ使いであれば必需品ですからね、是非チェックしていってください。









いざ開封の儀!

まずはパッケージ。いつもの紙箱です。


PBT61


パッケージ裏。


PBT62


中身はマニュアル、充電用ケーブル、本体の三つが入っています。

マニュアルはこちら。


PBT63


マニュアルは日本語に対応してますので安心ですね。


PBT64


ケーブルはこちら。バッテリーに充電するためのmicroUSBケーブルです。


PBT66


本体を眺めてみる

本体。Aukeyさんの得意なブラックのデザインです。


PBT68


裏側。両面とも主張の強いロゴや説明書きが無いのがオシャレですね。


PBT69


底面はこんな感じ。


IMG_2028


充電口、出力口が設置されている面もシンプル。


PBT610


使用中はほのかにですがランプが点灯します。


PBT612


総評

「PB-T6」の売りはなんと言ってもそのコンパクトさでしょう。容量の6000mAhは昨今のモバイルバッテリーの中では比較的地味ではありますが、「Quick Charge 2.0」対応でこれだけ使いやすいサイズの物は十分強みになるのではないでしょうか?
 

実用範囲の容量があり、急速充電可能(それも認定品の中で)、200g以下、それもスマホより小さいサイズ、となるとそれほど選択肢はありません。特に携帯用のバッテリーの中で使いやすい小容量タイプはリップスティックのような形状が主流になりつつあるので、カード型は貴重です。




カード型のライバルとして現在人気なのが「Thinny8800」です。



「PB-T6」は薄さこそあちらに分がありますが、軽いですし、サイズの方もこちらの方がコンパクトですね。デザインも「Thinny8800」の方がクセがあります。延べ棒のようなデザイン、私は好きなんですけどね。

「容量」「薄さ」「2port」の「Thinny8800」を選ぶか、「サイズ」「軽さ」「Quick Charge 2.0」の「PB-T6」を選ぶか、この辺はユーザーさん次第ですね。


特性、仕様(amazonより抜粋)

  • 【PowerAll出力ポート】 各ポート2.4Aの出力電流に対応し、従来の1A出力より2倍のスピードで機器を充電できます。出力ポートはAiPower&Qualcomm Quick Charge 2.0を搭載。端末への充電時間は25%も短縮できます。お使いの機器に最も適切な電流で急速充電が可能です。
  • 【収納しやすい超薄型外形】 内蔵バッテリーにiPhoneやスマートフォンでも使用されている高価ではあるが薄型で軽いリチウムポリマーバッテリーを採用し、市販のモバイルバッテリーの中でも最高クラスの薄さと軽さを実現しました!
  • 【簡単操作】 操作は簡単、ケーブルを繋いだだけで充電開始します。LEDインジケーターによりバッテリー残量も簡単に確認できます。
  • 放電と 充電】 6000mAhの容量により、iPad Mini に1回、iPhone 6sに2回以上,XperiaZ3に2回、iPhone 6 Plus、Galaxy S5 / Note 4、Nexus 5に1回以上、IPhone6に2回、iPhone5S/5に2回以上の充電、その他ほとんどのスマートフォンにも3回の充電が可能!
  • 【安全】 過電圧保護・過充電保護・回路保護機能を搭載しており、安全に充電できます。