Appleは昨年9月、Androidのドキュメントや写真、連絡先、その他個人的なデータを簡単にiPhoneへ移すことができるアプリ、その名もMove to iOSをリリースしました。まさしく、AndroidユーザーがiPhoneへ乗り換える際の負担「だけ」軽減するという、Apple側にのみお得なツールです。しかし、現在Appleが逆方向のデータ移行、つまりiPhoneからAndroid端末への乗換えを容易にするツールを開発中だというのです。これは一体、どういうわけでしょう?

20160111_move-to-ios-screenshots






Androidへの乗換え支援ツールをAppleが開発せざるをえない理由とは?

個人的には、ならAndroid側もMove to Android的なツールを出せばよいのでは、と思うんですが・・・なぜ、Appleが自社のエコシステムに反するようなツールを開発しているのでしょうか?


一部では、EUの競合各社による圧力が関係していると報じられています。Appleによるユーザー囲い込みに対して、他の通信業者が反発し、Apple側がこれに応じる形となった模様です。ただし、現時点ではまだ非公式での合意となっており、公式ローンチの時期は明らかになっていません。 Apple側は、本心ではこの要求に応じたくないのでしょうが、他の通信業者によってこの問題を反競争的行為として告訴されることを恐れてのことかもしれません。


Google Play StoreでのMove to iOSに対するレビューはひどいものです。Androidユーザーの反発を買ったためか、星1つという最低の評価が35,000件以上もついてしまっています。逆方向のデータ移行ツールがリリースされれば、ひとまず一件落着となるのかもしれませんね。


via:9to5Mac