こんにちは!今回もソーシャルゲームのレビューです。ダークファンタジー系の綺麗なイラストのゲームですね。


ss1
真・カイブツクロニクル ELEVEN BAKEMONS
販売業者 : Adways Inc. / サイズ : 85.7 MB
無料 App
★4(4,552件の評価)








このゲームは「カイブツ」シリーズの三作目みたいですね。一作目二作目はやったことないんですが、それぞれゲーム性も世界観も別みたいなのでプレイに支障はないでしょう。


というわけで早速プレイ開始!

タイトル画面でイケメン美女勢揃い。こういう絵はアトラ〇ティカやAIO〇のような2000年代中盤に流行ったオンゲを思い出します。私だけでしょうか?


kaibutu1


オープニングが始まります。実際の神話や英雄譚に出てくる名前がポツポツと見受けられます。


kaibutu2


アーサー王がこちらのリーダー。


kaibutu4


アーサー王やルシファーが戦闘に参加しています。この人達はSSSランクらしいのでどうせ持ちキャラにならないでしょうね。一番最初に頂点レベルの戦闘を見せつけておく、みたいなのはRPGではよくある手法です。


kaibutu5


敵の総大将と思われるゼウスが出てきてこちらを一網打尽してきます。


kaibutu6

オープニングはこんな感じで終わりです。


いざ操作開始

はじめの内はかなり迷いそうですね。私が苦手なソシャゲのタイプとしてありがちな事なんですが、メニュー画面の項目が多すぎて目がチカチカします。


kaibutu7


いきなりよくわからない場所に飛ばされてはぐれてしまったアーサー王PTのメンバーの一人、アルブさんが今回の案内役を担ってくれるようです。最初の指示通り召喚をします。召喚は所謂キャラガチャですね。アルブさんの元ネタはなんでしょう?夢魔のアルプなら知っているんですが、ちょっと違う気がしますね。


kaibutu9


ガチャは三種類あります。ゴールドで引くガチャ、課金石で引くガチャ、課金石で引くステップアップガチャです。

ゴールドで引くガチャ、課金で引くガチャの二種類は何時間に一回か無料で引けるようになっているのはいいですね。特に課金ガチャが時間毎に無料化されるのは珍しいんじゃないでしょうか?ステップアップガチャは引けば引くほど良い物が出るガチャでしょうか?今回は引かなかったのでよくわかりません。


kaibutu10


ガチャ演出は結構ハデです。今回はロビンというキャラと白虎というキャラが出ました。ロビンフッドと四神の白虎でしょうか?白虎は今回のプレイ中で唯一出てきたカイブツっぽいキャラでした。


kaibutu11


ここで引いたロビンと白虎はイベント会話で普通にしゃべりだすのでおそらくここのガチャは固定排出でしょうね。


kaibutu12


キャラを9マスの中に配置します。前衛駐英後衛の配置の仕方が戦術のキモみたいです。


kaibutu14


戦闘はソシャゲでよくあるタイプのオートスクロール式です。基本的に勝手に攻撃しますのでテンポはいいです。場所移動とスキル使用だけプレイヤーが介入する要素があります。


kaibutu16


プレイレビュー

とてもよく見るタイプのソシャゲーです。クオリティ自体はかなり高いと思います。気になったのですが、プレイをしていてそれほどカイブツ感は感じませんでした。私がカイブツシリーズについて理解が足りてないだけなのか、ストーリーを進めていくと出てくるのか、今の所不明です。

ただし、神話なんかでよく見るキャラクターが織りなすストーリーは惹きこまれる物があります。序盤でいきなり昔味方だった者が敵として襲ってくる、という展開になり、思わずプレイを続けてしまう魅力があります。

また戦闘も中々テンポがよく、オートが解放されてからからかなりストレスフリーになりました。


kaibutu20


神話好き、という方は楽しめると思います。あなたが好きな神がこのゲームでどう表現されているかチェックしてみるのも面白いかも知れませんよ?


kaibutu21


ss1
真・カイブツクロニクル ELEVEN BAKEMONS
販売業者 : Adways Inc. / サイズ : 85.7 MB
無料 App
★4(4,552件の評価)