マーケティング会社のFiksuがリリース後三週間時点でのiOS8のシェアを公開しています。







シェアは40%に満たない

Fiksuが公開したデータが以下になります。

iOS8のシェア


Fiksu社のGoogle AnalyticsのデータによるとiOS6、iOS7はリリース後20日間でシェア50%弱まで伸びましたが、iOS8は現在40%に満たないレベル。リリース後24時間時点でのシェアもiOS7に比べて低めでしたが、3週間経った今でも伸び悩んでいるようです。


iOS8はiOS7に比べて不評? : iPhoneちゃんねる


ちなみに上記の表では唯一iOS5がiOS8より低い数字を出していますが、iOS4からiOS5にアップデートする際、PC/macのiTunesにケーブル接続しなければいけなかったことが原因として上げられています。


でもiPhone6はかなり売れている

iPhone6/6 Plusの普及率は以下になります。

6Plus


iOS8の伸び悩みとは逆にiPhone6はかなり売れているようです。発売後17日時点でiPhone5s/5cの2倍以上。でもiPhone6 Plusはそこまで売れていません。どちらかというとPlusがフラッグシップ的な位置づけなので、これはちょっと意外です。


iOS8のシェアが伸びないのはやはり多発する不具合のせいでしょうか。特に通話やWi-Fi接続での不具合は致命的であったと思います。


一部では10月20日にiOS8.1がリリースされると噂されています。新機能を搭載する前に、まずは不具合を減らしてほしいですね。


Apple Payに対応したiOS8.1は10月20日にリリースか : iPhoneちゃんねる


Via:9To5mac