日本でも有名なスマホアクセサリーメーカーSPIGENの公式TwitterでiPhone6のデザインが公開されています。








画像には「There's something in the air(空気中に何かが漂っている)」と書かれています。このフレーズは2008年1月に行われたMacworld Conference & Expo 2008で初代MacBook Airが発表された際に使われたものになります。


iPhone6の5.5インチモデルはiPhone Airの名称で発表されるという噂もありますが、それを裏付ける情報になるかもしれません。


画像に掲載されたデザインについてはこれまでリークされたものと同様になります。音量ボタンは縦長の形状に、電源ボタンは端末の右側に設置されています。