Last night we noted a report from a Taiwanese news outlet which claimed in part that Apple would be putting the next-generation iPhone into production next month. Now, Bloomberg has confirmed that the company will indeed be starting production on two different models of the upcoming smartphone in July.

The iPhone 6 is expected to be available in two sizes: one with a 4.7-inch display and a larger 5.5-inch design. Both are larger than the current iPhone 5s. iOS 8 has introduced useful changes for developers that seem to indicate a larger screen is coming (possibly with a resolution of 1704 x 960), and leaked dummies and parts have given us an idea of what the phone will look like when it officially launches. Both models will reportedly sport curved glass and rounded edges.



via: Bloomberg: Two iPhone 6 models will go into mass production in July, will go on sale at the same time | 9to5Mac






iPhone6は7月から生産開始

ブルームバーグ誌の報道によるとiPhone6は7月から生産開始されるそうです。そして、これまでの予想では9月に4.7インチモデルが先行発売され、数ヶ月遅れて5.5インチモデルが投入されるとのことでしたが、ブルームバーグ誌は同時発売されると報道しています。しかし、5.5インチは製造工程が4.7インチと異なっているため、最初のうちは生産量が限られ品薄状態が続くという見方を示しております。


フォックスコン従業員を大量採用

さらにロイター誌の報道によると、アップルのメインサプライヤーである台湾のフォックスコン社がiPhone6製造に向けて10万人超の新従業員を雇ったそうです。


[台北 23日 ロイター] - 台湾紙の経済日報は23日、電子機器受託製造(EMS)大手の鴻海精密工業(2317.TW: 株価, 企業情報, レポート)が、今秋に発売されるとみられるアップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の新型「iPhone(アイフォーン)」の生産に向け、中国本土で10万人超を採用する方針と伝えた。鴻海が中国本土で一度に行う採用としては、最大規模という。


via: 鴻海精密が中国で10万人超採用へ、新型iPhone生産=台湾紙 | Reuters


iPhone6はフォックスコンとPegatron社が製造を担当すると言われています。最近はモックアップ画像で盛り上がってきましたが、製造が開始されたら実機画像のリークが始まりそうですね。