鴻海(ホンハイ)、iPhone工場を中国から台湾へ移転すると発表、トランプ関税25%と人件費高騰が理由

    編集元:"http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1557803772/"

    1: 2019/05/14(火) 12:16:12.78 ID:Jax7Bzff0 BE:422186189-PLT(12015)
    電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手の鴻海(ホンハイ)科技集団も、ついに台湾回帰に踏み切った。
    米中貿易戦争を理由に、大陸での生産縮小を模索中だと言われていたが、同集団の郭台銘董事長は5月8日、
    台湾メディアの取材に対し、重要拠点である深センと天津のから一部の生産設備を台湾・高雄に移転させることを明らかにした。
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56351?page=3



    続きを読む別窓で開く

    馬鹿でも底辺でもiPhone持つ時代→平成で終了へ。進むキャリア分離プラン。端末は数万払って買う時代へ

    編集元:"http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1557386848/"

    1: 2019/05/09(木) 16:27:28.61 ID:FOaS3ant0● BE:842343564-2BP(2000)
    「みんなiPhone」は平成まで? アナタの知らない分離プラン後の世界
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00010000-engadgetj-sci

    no title


    もはや生活に欠かせないインフラになりつつあるスマートフォン。その料金体系が大きく変わりそうです。携帯電話の料金体系が今までと大きく変わることで「値下げになるはずの新プランで、携帯代が高くなる」といった事態に陥る可能性もあります。そのキーワードとなる『分離プラン』について、現状と今後の課題を整理しました。

    iPhone XS / XS Max実機写真ギャラリー | 10 枚の写真

    「分離プラン」とは何かを大まかに説明しましょう。スマートフォンを含む携帯電話サービスは、「携帯電話端末」と「通信サービス」という2つの要素を組み合せて利用します。この2つの要素をそれぞれ独立して販売するようにしよう、というのが「分離プラン」の趣旨です。

    NTTドコモが4月に発表した新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」は分離プランです。また、au(KDDI)の主力プラン「ピタットプラン」
    「フラットプラン」とソフトバンクの主力プラン「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」も分離プランに相当します。NTTドコモが移行することで、大手3キャリアすべてが分離プランを導入することになります。

    これまで、携帯電話大手3社は携帯電話と通信サービスを事実上、一体のものとして販売してきました。たとえば「携帯電話の通信サービスを2年間利用する代わりに、携帯電話の購入代金相当の○○万円を割引します」とったように、
    携帯電話代金を大幅値引きしたり、時には“キャッシュバック“をつけて販売してきました。分離プランでは、この販売手法は原則としてなくなります。

    大手キャリアが分離プランに移行する背景には、政府による法制化があります。ことの発端は、2018年8月に菅官房長官が「携帯電話料金は海外と比べても高い。
    4割程度、値下げできる余地がある」と発言したことでした。それが電気通信事業法の改正として、強制力を持って実現することになります。

    分離プラン導入後は「通信と端末のセット契約による割引」が原則として禁止されます。しかし、この法制化後、料金プランの設定は大手キャリアの裁量に任されています。
    したがって、“分離プラン後の世界“では「携帯電話料金は値下げするかは不透明だが、サービスを利用するために必要なスマートフォンの価格は高騰する」という状況になる可能性もあります



    続きを読む別窓で開く

    iPhoneSEさん、次期OSサポート外で終了www

    編集元:"http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557540013/"

    1: 2019/05/11(土) 11:00:13.31 ID:q+zy/Rxt0

    続きを読む別窓で開く

    生粋のApple信者が全レスさせて頂く

    編集元:"http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1556970205/"

    1: 2019/05/04(土) 20:43:25.597 ID:SY2iqbcup
    全レスするお


    続きを読む別窓で開く

    最近Appleが凄いと思えたのがAirPodsくらいだという現実

    編集元:"http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557096513/"

    1: 2019/05/06(月) 07:48:33.20 ID:TG50WXFV0
    iPhoneもっとがんばれ


    続きを読む別窓で開く

    iPad初めてだけど、iOSってセキュリティアプリいらんの?

    編集元:"http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557520872/"

    1: 2019/05/11(土) 05:41:12.07 ID:GVGLOP7v0
    盗難防止みたいな機能しか見当たらん


    続きを読む別窓で開く

    【iPhone XS MAX】今週の壁紙 1242*2688 1

    ▼ For iPhone XS MAX (1242*2688)
    162_wallpaper_1242x2688_iPhone_XS_Max161_wallpaper_1242x2688_iPhone_XS_Max160_wallpaper_1242x2688_iPhone_XS_Max157_wallpaper_1242x2688_iPhone_XS_Max159_wallpaper_1242x2688_iPhone_XS_Max
    続きを読む別窓で開く

    【悲報】ワイのiPad、ただの重い電子書籍リーダーになっている

    編集元:"http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1556785102/"

    1: 2019/05/02(木) 17:18:22.93 ID:rZx1OByb0
    なんかいい使いみちないんか
    10万もしたんや



    続きを読む別窓で開く

    Apple Watchの登場から4年--スマートウォッチの勝者はアップルとなったのか?

    編集元:"http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556706902/"

    1: 2019/05/01(水) 19:35:02.15 ID:CAP_USER
     2015年にApple Watchが発売されたとき、筆者はその年がスマートウォッチ元年になる、と記した。2015年4月24日の発売から4年、スマートウォッチ市場の覇者はAppleとなった。成功の理由は明確である。プロダクトとしての完成度が高く、相対的にソフトウェアの出来も良く、しかも、質を考えればお買い得だったのである。

     その評価を決定づけたのは、2017年に発表された第3世代のApple Watchだった。iPhoneなしでも単独で通話やメッセージ、音楽のストリーミング再生などが使えることは、消費者以上に、コンペティターにとっては驚きだった。その後、ある時計メーカーのCEOは筆者にこう漏らした。「これで、スマートウォッチの世界標準はApple Watchになるだろう」。

    Appleはマーケティングも巧みだった。スマートウォッチの機能を羅列する他社に対して、アップルは、それを手にすると何が変わるかを語ったのである。発表当初、Appleはハードの良さを強調していたし、その完成度は、確かに語るに値した。

     しかし、第3世代以降、同社はApple Watchの機能や作り込みよりも、腕に着けると、どんな変化が起こるかを語るようになったのである。それはいささか大げさだったにせよ、スマートウォッチは何もない、という世評をアップルは巧みに覆したし、事実Apple Watchは、スポーツとヘルスケアとの連動において、大きな成功を収めた。Garmin(ガーミン)のユーザーほどプロフェッショナルではない、しかし、運動や健康に無関心ではない層に、Apple Watchは強く響いたのである。

    現時点におけるスマートウォッチの世界標準はApple Watch
     良いか悪いか、好きか嫌いかはさておき、現時点におけるスマートウォッチの世界標準はApple Watchとなったことは間違いない。もちろん他にも優れたスマートウォッチは存在するが、消去法で選ぶと、残念ながらこれしか残らない。少なくとも、ハードウェアとしての完成度は、SamsungやASUS、Fossilなどのスマートウォッチに大きく勝るし、装着感においてなおそうだろう。時計の形を作るのは容易だが、時計として使えるものを作るのとは、話が違う。Appleは、まず「腕から外されない時計」を作るために努力を傾け、大きな成功を収めたのである。

     高名な独立時計師であるフィリップ・デュフォーが嘆いたように、今や「時間を見るなら携帯電話で十分、と思うようになった人たちに、時計を着けさせるのは難しい」。多くの時計メーカーは装着感の改善に気を配るべきだったが、ステータス性を上げることに気を取られ、この20年、着け心地という概念を失念していたか、うがった見方をすると、積極的には考えなかった。もっとも着け心地に対する配慮の不足は、スマートウォッチを作るテック系の企業でいっそう顕著だった。時計を着けたことのない人たちが作るスマートウォッチは、形こそ腕時計だったが、時計として使えるものではなかったのである。

     ちなみに最近は、Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)やKnot(ノット)といった、着け心地に優れる時計を買う人が増えてきたし、多くの時計メーカーも、遅ればせながら、装着感を真剣に考えるようになった。景気が悪化し、消費者が保守的になった結果として、各メーカーは、できるだけ長く使える時計を作ろうと考えるようになったのである。対して、スマートウォッチメーカーの装着感に対する認識は、今なお改善を見ていない。スマートウォッチの作り手たちが、装着感に関する認識を改めない限り、Apple Watchの地位は当面安泰だろう。時計を着けなくなった人たちに、時計を着けさせるのは、多くの人たちが想像する以上に難しいのである。

    https://japan.cnet.com/article/35136244/



    続きを読む別窓で開く

    macとiOSの令和対応サポートはまだ しばらくは「平成31年」

    編集元:"http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556689954/"

    1: 2019/05/01(水) 14:52:34.43 ID:6alWHzC39
    「令和」対応の開発者向けiOS 12.3とmacOS Mojaveベータ版がリリース。しばらく一般公開版は「平成31年」

    Apple TVアプリも更新

    Kiyoshi Tane

    アップルは4月29日(米現地時間)、開発者向けにiOS 12.3 Beta4とmacOS Mojave 10.14.5 Beta4、watchOS 5.2.1およびtvOS 12.3 Beta4をリリースしました。このうちiOSとmacOSでは、日本語のカレンダーで新元号の「令和」がサポートされています。

    今年5月1日をもって平成から令和へと変る元号への対応は、実は4月8日(米現地時間)公開のiOS 12.3 Beta2およびmacOS Mojave 10.14.5 Beta2で完了済み。今回のリリースノートでも、その旨が引き続き記載されています。

    リリースノートによれば、令和最初の年となる今年は「令和1年」ではなく「令和元年」と表示。そして「R1/05/01」のような短縮表示にも対応するとのことです。

    逆にいえば、一般公開版のiOSおよびmacOS上では「令和」対応は施されていないまま。いずれも近日中にリリースされる見込みは薄いため、5月1日以降もしばらくiPhoneとMac上では「平成31年」表記が続くことになりそうです。

    macOSやwatchOS版の前バージョンからのアップデートは、どれも細かなバグ修正のみとされています。

    そしてiOS 12.3 Beta4およびtvOS 12.3では、Apple TVアプリの新バージョンが導入。これまでになかった機能として「チャンネル」が追加されています。

    これはApple TV内から他の有料動画サービスにサインアップして、他の専用アプリを開かずに番組や映画を視聴できるもの。アマゾンのPrime Videoチャンネルで「dアニメストア for Prime Video」などが視聴できるのと近い感覚のようです。

    そのApple TVアプリで楽しめるアップル独自の動画サービス「Apple TV+」は、今年秋にサービス開始予定です。日本語サイトにも紹介ページが公開されており「お住まいの国ではご利用頂けません」とはならないようですが、それまでに一般ユーザーのiPhoneやMac上でも「令和」対応は完了していそうです。
    https://japanese.engadget.com/2019/04/30/ios-12-3-macos-mojave-31/



    続きを読む別窓で開く

    お知らせ
    このブログについてはこちら
    iPhoneちゃんねるをフォロー    メールフォームを開く follow us in feedly


    記事検索




    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

    最新記事
    カテゴリ別アーカイブ
    アクセスランキング